サリィの昨日・今日・明日 5

時間だけは、誰にも平等に与えられています・・・ 同じ時間を過ごすなら、楽しく笑って過ごしましょう~!! 昨日も今日も・・そして明日も・・・

「阿部文珠院」・・・奈良県

奈良へのお花見はもう一か所行きました・・・

  「阿部文珠院(あべもんじゅいん)」

こちらは、“三人寄れば文殊の知恵”で知られる日本三文殊のひとつだそうです・・・
ちなみにあとの二つは、京都府・天橋立切戸の文殊、山形県・奥州亀岡の文殊 だそうです・・・

645年の大化改新の折に左大臣となった安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)により建立され、安倍一族の発祥の地だそうで、奈良時代の遣唐使・安倍仲麻呂や平安時代の陰陽師・安倍晴明が出生した寺院としても知られているそうです・・

境内には、国宝・渡海文殊菩薩群像をはじめ、縁結びの神で知られる重要文化財・白山堂、特別史跡・西古墳、安倍晴明が天文観測をして吉凶を占う修業をしたという天文台、陰陽道の秘宝の数々を納めた金閣浮御堂など歴史的にも貴重な見どころにあふれているところですが、今回は、お花見だけをさせていただきました・・・
何か所かは、お写真を撮らせていただきましたので・・・

特別史跡
      ab5
高松塚古墳、石舞台古墳、キトラ古墳と共に、全国で7つしかない特別史跡に指定され、その築造技術は日本一の定評があります。寺の創建者である安倍倉梯麻呂の墓であると伝えられてるらしく、 また、中に入ってみると、玄室には弘法大師お手作りと伝わる願掛け不動の石仏が祭られていました・・・
本当に隙間なく、しっかりとした造りには、驚くばかりでした・・

御本堂
      ab3
寛文5年(1665)に建立され、入母屋造りの本瓦葺に加え礼堂が附設し、本堂奥の大収蔵庫には文殊菩薩が安置されているそうです・・・

御本堂前には、ちょっと濃いめのピンクの枝垂れ桜が可愛かったです・・・
      ab9

花の一つ一つも可愛らしい
      ab4

金閣浮御堂
      ab2
堂内には安倍仲麻呂像、安倍晴明像をはじめ、ご本尊に開運弁才天、厄除け守護の九曜星の神々、方位災難除けの十二天御尊軸が安置されているそうです・・・
このお池まわりには、たくさんの桜が咲いてて、素敵な景観でした

展望台から・・・「干支ジャンボ絵花」
      ab6
ここは、安倍晴明が天文占いをした展望台から見えます・・・
私は、ちょっと体調を考えて、下で待っていたので、主人が上がって撮って来てくれました・・・
下からは見えないものですので・・・
私の干支なので、ちょっと感激でした

もう一か所高いところに気になる所があって・・
      ab1

こちらも主人が行ってみてくれました・・・
      ab8
ここからの眺めは、浮御堂の周りを桜が満開で囲んでて、圧巻な見晴らしだったようです・・・

今年は奈良の桜巡りをすることができて、本当によかったです
何よりも楽に行けるように車で連れて行ってくれた主人のおかげです・・

節目の年にいろいろな桜に出会えた事は、いい刺激になりました・・・
毎日、楽に楽に生きてるのですが、厳しい現実も目を背けず、
しっかり受け止めて、地に足をつけて進まないと・・・

新しい気持ちで、これからのスタートができそうです・・・

また、来年、美しい桜を観て回りたいなぁ・・・
と、思った日でした・・・




スポンサーサイト

「小糸枝垂れ桜」・・・奈良県

奈良のお花見は次に向かいました・・・
こちらも6年前に初めて行った奈良県宇陀市の「大野寺」です・・・

ここには、立派な樹齢300年を超える「小糸枝垂れ桜」という桜があります・・

前に行った時に初めてみてふわふわの大量の糸が垂れるような姿に感動したのでした・・・

門にやってきました
      is7
境内には、たくさんの枝垂れ桜やいろいろなお花がいっぱい咲いてるのです・・・

ちょっとワクワクしながら門をくぐると・・・

         is1
一瞬、立ち尽くしてしまいました・・・

         is2
もう一本の糸桜も・・・

しばらく写真を撮る事も忘れてて・・・

6年前の写真をブログから持ってきたのですが・・・
      s1
これが、6年前の姿です
この姿が激変していたのです・・・

      s2
こちらも6年前の写真です・・・
左手前が2本目の桜です・・・
こんなにボリュームがあって、ふわふわな感じの糸桜だったのですが・・・

しばらく、この場に立ち尽くしながら・・・
枝が切られてるねぇ・・
ここ数年大きな被害が出るような台風や大雨があったので、それで折れたのか
など、主人と推測していたのです・・・

お世話をしてる方にお尋ねしてみると・・・
2,3年前に病気にかかり、枝を落とさないと全滅してしまう事態になり、やむなく枝を落としたそうです・・・
でも、病気に打ち勝ち、これだけ花を咲かせてくれてて・・・

前に来た事のある方は、お尋ねするそうで、涙する方もいらっしゃるそうで・・・
と、私も話を聞きながら、泣いてましたが・・・

なにか他人事とは思えず・・・
病気になり、克服して、まだこれだけの花を咲かせて見せてくれてる桜に、私は本当に励まされました・・・
こころから、よく頑張ってこれだけ残してくれました・・・
と、感謝しかありませんでした・・・

あの日本最古の桜の「神大桜」もいろいろな苦難を乗り越えながら1500年という時間を生き抜いてきています・・・
樹齢300年・・・1500年と、人間では不可能な時間を生き続ける事にいろいろ教わることもありがたい事ですねぇ・・・

         is4
この糸桜も小さな小さな桜の花がこんなに咲いて頑張っています・・・


でも、ここは他にもたくさんの枝垂れ桜があり、たくさんのお花が咲いています
         is5

今回の桜巡りでは、こういう事もあるんだと、気が引き締まりました・・・
やっぱり、しっかり現実と向き合わないといけませんねぇ・・・


6年振りの「又兵衛桜」・・・奈良県

ありがたい事に、このところ、元気に活動できています・・・

先週には、奈良県宇陀市の「又兵衛桜」に6年振りに会いに行ってきました
いいお天気になり、ドライブ日和でした~

満開「又兵衛桜」です
      ms1
6年前と変わりない姿に感動


      ms2
近づくと、大迫力
この桜は、見る角度で表情が全く違うのです・・・
この角度から見ると、力強く、風になびく姿が勇敢に見えます・・・

      ma3
この辺りから見るのが一番素敵な姿かなぁ
花がたっぷりに見えて、優しく揺れる感じです・・・

         ma5
桜の後ろ辺りからの見え具合はどうでしょう
またまた、表情が違うでしょう

         ma6
ここは、「又兵衛桜」を中心にきれいに整備されてて、
菜の花や水仙などもきれいに咲いてて、
まるで絵画のような素敵な色合いが美しいんです・・・

ここで、主人の撮った「又兵衛桜」もご紹介・・・
同じ桜を撮ってもちょっと感じが違うなぁ・・・と、思ったので・・
      p1

      p2

      p3
主人は、高いところから撮ったり、じっくりと吟味して撮るタイプなので・・・

私は、単純にシャッターを押すタイプなもので・・・

そんな違いが、写真に見えてるのでしょうかねぇ・・・ 


大阪城にて・・・

大阪城の梅林のお写真ですが、カメラで撮ったお写真です・・・

久しぶりのカメラでの撮影で単調な写真ばかりですが・・・

梅林から見えるビル群は、大阪城の梅林ならではでしょうか
      oum11

 「小梅」と、名札が・・・
      oum9
本当に小さなお花で可愛らしい梅です・・・
名札がちょうど隠れてしまってますが・・・


「これぞ梅の花」と、いうお花を探してみたのですが・・・
      oum8

      oum7

      oum5
なかなか、これぞと、いうのは見つからず・・・

大阪城をバックに梅の木を・・・
      oum6


ハトの仲良しさんが人目もはばからず・・・
           oum10
皆さん、立ち止まり、見てましたが・・・

桜の季節に行った時に乗った「黄金の船」もこの季節も・・・
      oum3

これぞと、いう自信作もありませんが・・・
咲き始めの梅林でした・・・
今日あたりは、満開だそうです・・・


大阪城の梅林

先日、久しぶりにお出かけしてきました・・・
と、1日の事でしたが・・・

  「大阪城の梅林」へ・・・
この時点では、まだ7分咲きくらいでしたが、梅のいい香りが~~~

まだ、写真の整理もできてなくて・・・
携帯で撮ったものですが・・・
      oum1

もう一枚・・・
         oum2

いいお天気でしたので、久しぶりにいい運動にもなりました・・・

また、写真の整理して、お気に入りがありましたら、見てくださいませ・・・




HOME | >>

 プロフィール 

サリィ

Author:サリィ
サリィのブログにようこそ~!!(^^ゞ
明るく・楽しく・元気よく!!
と、日々の出来事を綴ってみます・・
一緒にお話しませんか??

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 FC2カウンター 

 オンラインカウンター 

現在の閲覧者数:

 フリーエリア 

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR