サリィの昨日・今日・明日 5

時間だけは、誰にも平等に与えられています・・・ 同じ時間を過ごすなら、楽しく笑って過ごしましょう~!! 昨日も今日も・・そして明日も・・・

京都「南禅寺の紅葉」

先週の日曜日(11月25日)に、京都の紅葉を・・・
車は絶対に無理なので、電車で・・・
電車も梅田発に乗らないと、座れないので・・・・
それでも、一電車見送って、次にやっと・・・・

京都は真っ盛りの紅葉に大賑わいです・・・
どこを見ても、歩いても・・・人・人・人・・・・・

今回は、名所中の名所へ・・・頑張りました

まずは、「南禅寺」から参りましょう~~

1
大勢の方で賑わってます・・・

山門側の紅葉が色鮮やかに・・・
2

3
石川五右衛門が「絶景かな~!」と、言ったといわれる山門と紅葉・・

石碑のまわりの紅葉が輝いていました~~
4

ふと、目を落とすと紅葉が真っ赤に・・・
5

紅葉越しにご本堂を・・・
6

なんとなくクリスマスを連想したのは、サリィだけ・・・7

奥のほうには、「水路閣」が・・・
8

写真の出来は、素人のサリィなのでお許しを・・・・
目で見た色は、なかなか写真では写りません・・・・

懲りずにお付き合いくださる方は、次回には「永観堂の紅葉」を・・・
スポンサーサイト

超穴場・・・紅葉狩り!! (*^^)v

昨日は、申し分の無いお天気でしたが、今日は冷たい雨の一日でした・・・

昨日は、最高の紅葉を求めて、京都に頑張って行って参りましたが・・・

先日の超穴場のご紹介もまだでしたので・・・

11月16日の紅葉ですが・・・

「浄瑠璃寺」から車で少し走り、紅葉を求めて行ったところは「正法寺」でした・・・
shouhouji.jpg
ほんの数人の方が、写真を撮ってらして・・・
ここは、新聞やネットでも名前は出てるのですが、どうやら・・・超穴場のようです

早速目に入るのは・・・
aka
真っ赤な紅葉です

少し入ると・・・
irodori2
林の中に光が差し込んで、まるで絵の中にいるような美しい色とりどりの世界でした~~

irodori4
緑、赤、黄色、橙色・・・水彩画のような色合いの世界です

irodori3
空のキャンパスにいろいろな色で色をつけてるようでしょ

やっと、上までたどり着きました・・・・
hondou
お寺の雰囲気では無い感じですが・・・
あの色とりどりの木を見てください
素敵でしょう~~

ご本堂の前あたりでも・・・
momiji3
真っ赤な紅葉がきれいでしたよ

irodori
またまた、素敵な彩りの世界がありました~~~

反対方向に、キラキラ光って見えるのが・・・
ichou
鐘の横に、大きなイチョウの木が輝いていました~~~
空の青ととっても合ってて、きれいでした~~~

ここからの眺めがいいですよ~~~
chabatake
山の斜面一面の茶畑です
ここは、お茶の産地でした

下からも眺めてみると・・・・
ichou2
本当に大きなイチョウの木です。
太陽の光を浴びて、キラキラ輝いてました~~~

サリィたちが帰りかけたとき、車がやってきて、数人の方がいらしてました・・・
きっと、サリィたちと同じように、ネットか新聞で見て、やってきた方々でしょうか・・・

でも、正直なところ・・・山道でくねくねの道・・・対向車が来れば・・・
無理な道を走りました・・・・
対向車が来なかった事も、改めて・・・ラッキーでした

ここの紅葉は、もうピークは過ぎてると思います・・・

昨日の紅葉は、写真を撮りすぎて・・・
なるべく、早くアップできるように、やってみます・・・


「浄瑠璃寺の紅葉」つづき

さて、前回の「浄瑠璃寺の紅葉」の続きです・・・

こちらは、国宝重文がたくさんあります・・・

まずは、ご本堂は「九体阿弥陀堂」(国宝)
hondo2
反対岸の上の方から撮ってみたご本堂です・・・

ご本堂の中には、「九体阿弥陀如来像」(国宝)が・・・
人間の努力や心がけなど、いろいろな条件で下品下生(げぽんげしょう)からはじまり、下の中、下の上と最高の上品上生(じょうぽんじょうしょう)まで九つの往生の段階があるという考えから、九つの如来がまつられてるそうです・・・

他にも、子安地蔵菩薩像(重文)、四天王像(国宝)、不動明王(重文)・・・・

今回は、年に3回ほどしか開扉されていない秘仏・吉祥天女像が見ることができました・・・

hondo
真っ赤な紅葉の下から、撮ってみました・・・

ご本堂の反対岸には、「三重塔」(国宝)があります。
sanjyu3
池のほうから撮ってみました・・・

sanjyu2
紅葉のなかに、塔が見えます・・・

sanjyu
塔の下から撮ってみました・・・

ikegosi
最高の秋晴れのお天気だったので、ご本堂の方に戻ってみると、池に青い空や雲まで映ってて・・・

そして、サリィが今回お気に入りの写真は・・・
aki
「秋」を一枚に収めてみました~~

次回は、もっともっと・・・超穴場をご紹介しますね

紅葉狩り・・・「浄瑠璃寺庭園」

今年の紅葉は、色づきがいいそうです

と、いう事で今年も穴場を見つけに行って来ました

パパがネットで調べて行ってるだけですが・・・

今年は、奈良県と京都府の県境辺りにある「浄瑠璃寺」へ行ってみました。
こちらは、三重塔中央宝池九体阿弥陀堂からなりたっています。
こちらの庭園は、「特別名勝及史跡」となっています・・・

見頃の紅葉となっていました

まずは、門前のお蕎麦屋さんでお昼をいただきました・・・
sobaya

soba
サリィは、きつねそば・パパはニシンそばをいただきました
めっちゃお安くて、ボリュームがあって、シイタケの煮たのやたけのこも入って・・・美味しかったです

では、参りましょう・・・
mon
趣のあるご門でしょう・・・

kane
入ってすぐにも色とりどりの紅葉が・・・

紅葉も見事です
koyo
秋晴れの最高にいいお天気でしたので・・・
あの空の雲がちょっと可愛くないですかぁ・・・

紅葉がきれいです・・・
momiji2
色づきがいいですよねぇ~~~

mmomiji
ほらほら、アップでもいい色でしょう~~~

と、まだまだありますので、次回へつづきます・・・

「出雲大社」へお参り・・・

「足立美術館」の後に、こちらははずせませんよねぇ~~~

こちらも一度はお参りしたかったところでして・・・
「出雲大社」です

その前に、ここにも行きました
haku

こちらでは、「映像館」などがあり、興味深い演出でした
eizou
映像に合わせて、人が舞台で演じる
ヤマタノオロチスサノウノミコト退治するシーンを再現してて、とても迫力ある演出で面白かったです

ここにもゆるキャラがいましたよ~~~
yuru
どこかで見たような・・・・

に夕方になっていましたが、「出雲大社」へお参りしました

torii

こちらは、「二拝、四拍手、一拝」でお参りするそうです
 ※ 普通は「二拝、二拍手、一拝」です
izumo
今は、「出雲大社平成の大遷宮」という事で、こちらの「御仮殿」に、大國主大神様はいらっしゃるという事です。
今の期間は、近くでお参りできるということですね

こちらの有名な大注連縄は、本当に驚くほどの大きさでした
simenawa

もう一つ、こちらでは10月の事を「神在月」です。
普通は、「神無月」ですが・・・

旧暦の10月に「神在祭」というのが、11月23日に行われるそうですが・・・
これは、全国の神様がこちら出雲大社に集まり、会議?があるそうです・・・
いろいろなご縁について、話されるそうです・・・


お集まりになった神々がお泊りになられるところが・・・
kamisama
こちらだそうです・・・

と、いろいろとお話を聞きながら出雲大社を一回りして、今回の旅は終わりました・・・

後は、またまた長い道のりをバスで帰って参りました・・・

足立美術館の庭園

さて、足立美術館は、いまや大人気の美術館となっていますが、たくさんの観光バスや個人でいらしてる方々で大賑わいでした・・・

この美術館は、創設者足立全康さんの言葉にあるそうで・・・
 「庭園もまた一幅の絵画である」
創設者の庭造りへの情熱を生き生きと表してる50,000坪の日本庭園は、本当に美しく見事です

庭園のお写真は、撮ってもいい事になってるので、しっかりと撮ってきました
いただいたパンフレットに「館内の見どころ」というのがあるので、そこに紹介されている所をアップする事にしますね

① 歓迎の庭
kangei
入り口すぐ横にありました
紅葉がキレイでしたよ

② 苔庭
koke
京風の雅な庭園です。
苔の緑と白砂、そして紅葉の赤・・・色の対比が素晴らしいです

③ 枯山水庭
karesansui
後ろに見える山々も庭園の一部として、見応えありますねぇ~~

④ 生の額絵
namagaku
どうですか
これは、実際は窓です
そして、この絵は四季節で絵が変わるのです・・・
リピーターの方が多いのがよく分かりますねぇ・・・

⑤ 亀鶴の滝
kameturunotaki
分かりにくいのをアップしちゃいましたが・・・
中央部分の白い糸のようなのが滝です・・・
taki
ちょっとアップを・・・

⑥ 池庭
ikeniwa
これは、ちょっとうまく撮れていません・・・
が、池には鯉も泳いでて、調和の取れたお庭ですよねぇ~~

⑦ 生の掛軸
namakakejiku
これも実際は窓?になってて・・・

heya
こうなってるんです

⑧ 白砂青松庭
sirosuna2
ここは、横山大観の名作「白砂青松」をイメージして作られたお庭だそうです

本当はもっと見どころいっぱいありますが、これから行かれる方もいらっしゃいますし、これくらいに・・・

絵画は、日本画が多く、特に横山大観の名画がずらりと・・・
ちょうど秋という事で、ダイナミックな作品の「紅葉」でしたか、襖絵の燃えるような紅葉には感動しますよ
この作品は、六曲一双で展示されてます
色使いがとても斬新で、緑の部分には青色も使われてて・・・
気持ちが華やぐ作品ですよ

※見てみてくださいね「紅葉」からリンクしてますので・・・

新館の方にも、素晴らしい日本画がいっぱいあり、いままでは日本画はあまり見ることが無かったのですが、素晴らしかったです

今回は、バスツアーで行ったので、2時間の制限時間があり、大急ぎで回ったので、本当はもっとゆっくりと時間を気にせず回りたかったです・・・

お庭はガラス張りにされたところから、ゆっくりと眺められるようになってますよ

次回は、もう一箇所行ったところがあるので、お写真整理しておきます・・・ 
     
                    つづく・・・

日帰りバスツアー「足立美術館」

昨日、久しぶりに日帰りバスツアーに参加してきました
数年ぶりだった気がします・・・

一度行ってみたかった「足立美術館」のコースがあったのです

早朝に出発して、帰りはかなり遅くなりましたが・・・

では、ご一緒に参りましょう~~~

大阪を7時40分に出発 

少し前に、バスツアーの大きな事故が続きましたので、ちょっと心配な気もしましたが・・・
大阪から島根県の往復ですので、700km以上の長距離になるので、運転手さんは控えの方がいらして、安心して行く事が出来ました

トイレ休憩を取りながら、進んでいきます。
岡山県の蒜山(ひるぜん)SAに・・・
basu1
こちらのSAは、初めて寄りました
ここは、振り向けば・・・・
basu2
「大山」が見えるはずでしたが・・・・
雲がかかって見えませんねぇ・・・・

この時点で11時過ぎでしたので、ツアーについてるお弁当をバスの中で走りながらいただきました
bento
まぁ、量的には、ちょうどよかったのですが・・・
お味は・・・普通でした・・・

ここから1時間ちょっと走ると、「足立美術館」に到着です
adati
駐車場から見えた「足立美術館

本館の入り口から入って行きます・・・
adati2

こちらは、「新館」で、美術館の出口となります・・・
adati2

こちらの美術館の事は、TVなどで何度か拝見したのですが、庭園がとても有名だそうです。
世界に認められた庭園だそうで、外国人の選んだ庭園NO1に輝いたそうです。

続きは次回に・・・・

映画「天地明察」を観て・・・

久しぶりに映画のご紹介ですが・・・

本当は10月1日に観ていたのですが、今頃のご紹介になってしまいました

  「天地明察」という映画です。

eiga
(yahoo映画より)
この映画は、実在の人物を描いたものでした・・・
江戸時代前期、800年もの間、国内で使用されてきた中国の暦のズレを正し、日本独自の暦作りに専念した実在の人物安井算哲の半生が描かれていました・・・
写真は、その妻役の宮崎 葵さんです。

少しあらすじを・・・
太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、算術にもたけていた。
もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある日会津藩主の保科正之(松本幸四郎)の命を受け、北極出地の旅に出ることになる。
算哲らの一行は全国各地をくまなく回り、北極星の高度を測り、その土地の緯度を計測するという作業を続け……


この日本中を歩いて観測して回るシーンは、とても面白かったですよ

eiga2
(yahoo映画より)
このお二方の名演技がさすがでした

コンピューターも無い時代に、キッチリと計算されたり、素晴らしい発想の数々・・・
こうした先人の努力が今の世の中で基礎となっているのかなぁ・・・??
と、今の時代といろいろと比べて観てしまいました・・・

主人公の算哲役の岡田君は、一生懸命な算哲を本当に素晴らしく演じられてました

久しぶりに楽しく心地好い映画でした

HOME

 プロフィール 

サリィ

Author:サリィ
サリィのブログにようこそ~!!(^^ゞ
明るく・楽しく・元気よく!!
と、日々の出来事を綴ってみます・・
一緒にお話しませんか??

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 FC2カウンター 

 オンラインカウンター 

現在の閲覧者数:

 フリーエリア 

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR