サリィの昨日・今日・明日 5

時間だけは、誰にも平等に与えられています・・・ 同じ時間を過ごすなら、楽しく笑って過ごしましょう~!! 昨日も今日も・・そして明日も・・・

京都「随心院」を拝観・・・

肝心の「随心院」のご紹介を・・・

せっかく行ったので、拝観して参りました・・・

小野小町の邸宅跡と伝えられてる門跡寺院です・・・

正面から・・・
shoumen
(こちらからの出入りはありませんでした)

中に入ると、こんな歌碑が・・・
kahi
小野小町の歌が、刻まれていました・・・
「花の色は移りにけりないたづらに 我が身世にふるながめせしまに」と・・・

拝観させていただきました・・・
もちろん、屋内はお写真禁止のところが多く、お庭などの撮影だけですが・・・

小野小町像画だけは、撮らせてくれました・・・
komati
本当はどんなお姿をされていたのでしょうねぇ・・・

大きなお屋敷というか・・・
お庭も立派でした。
omote
正面を中から撮ってみました。
門の向こうに桜が咲いてると、きれいだった事でしょう・・・
まだ、このときは、つぼみにも早い状態でしたから・・・

teien1

teien2

外には、「小野小町の化粧の井戸」というのが残っていました。
ido2
左の写真は、上から撮りました。
右の写真が、石段を下りて、その井戸ですが、前日の風雨で葉っぱが落ち込んでて・・・
(お掃除の途中だったもので・・・
いつもは、鏡のように澄んだきれいな井戸だそうです・・・

側には、アケビが、満開でした~
akebi

と、4月2日に訪れた京都でしたが、今頃は桜もかなり咲いてることでしょうねぇ~~
桜は、あっという間に散ってしまうので、この春はうまくタイミングが合うでしょうか
大好きな桜を今年も追いかけたいサリィです・・・
スポンサーサイト

コメント

TITLE:

v-252さくらさん、こんにちわ~!
絶世の美女には、興味わきますねぇ~~!
彼女は、秋田美人だそうですね!
でも、こちらに老婆になったお姿が写実的に描かれたものがありました。
品のいい老女ではありましたよ!(^^ゞ
結構長生きされたようですが・・・・ (^_^;)
お姿を妄想して楽しむのが一番かしら??? (*^_^*)

TITLE:

v-252ぱるっちさん、こんにちわ~!
そうですよねぇ・・・
よく撮影禁止のところありますねぇ・・
でも、ご本殿の仏像などは、わかる気もします・・
それに、撮影許可すると、三脚などで長くいてる方も多くなるのでしょうか??
禁止のところで、撮ってる方には、腹立ちます!(>_<)
まっ、お金を払って見て下さい!
が、本音かしら・・・ (^_^;)

TITLE:

サリィさん、こんばんは~!
小野小町って、本当にどんな方だったのでしょうね~!
すっごく気になります~~~♪ (=^エ^=)
でも・・・時代や場所によって美しさの感覚って違うんですよねぇ・・・。
さくらは子供の頃、『♪なんよ~じゃぁ び~じん~♪』って言われました。
今?  美人薄命・・・という言葉も使えなくなるほどの年齢に・・
・・・・・って、さくら・・何言ってんだか!(;´Д`)ノ

TITLE:写真NG?

こういうところでよく見る「写真NG」はなぜなんでしょう?
動物園や水族館の生き物たちが驚くのはNGわかります。
こんなところは、写真撮ったらダメってケチ過ぎませんか?
ブログするようになって、余計にそう思うようになりました。

TITLE:

v-252anasthasiaさん、こんばんわ~!
若い頃は、勉強の方は、まるでダメで・・・(>_<)
特に、古典は・・・×
今となっては、勿体無い事をしました・・・
もっと教養を磨くべきでした・・・(^_^;)
こちらにも、小町の百歳?肖像画ありました!
これは、お顔立ちもはっきりと描かれてました!!(^_^;)
この時代は、教養も美人の要素なきがします!
源氏物語でも教養のある方は、認められてたり・・・??
それにしても、本当はどんなお姿だったのかしら??(^^ゞ

TITLE:

v-252sin001さん、こんばんわ~!
大きなお屋敷でした!
小町を慕う深草少尉の百夜通いの伝説が残っているそうですよ!(*^^)v
この屏風では、顔部分がぼやけてて・・・
どんなお顔をされていたのでしょうねぇ・・・?? (^_^;)
歌詠みがお上手な事も美人の要素の一つなじだいでしょうか??(^^ゞ
サリィは、この時代では・・・ドブスですわぁ・・(>_<)

TITLE:

「花の色は移りにけりないたづらに 我が身世にふるながめせしまに」

若い頃はピンとこなかった歌だけど
今、この年齢になるとよ~くわかりますね。
容姿の衰えは悲しいものです。

小野小町は美人だと言われてますが
この絵は良く描きすぎでしょう。
うちの本家があった大津のお寺(月心寺)には小野小町百歳像がありますが
それを見るかぎり美人とは言いがたいですねぇ(笑)

TITLE:おはようございます・・。

小野小町の邸宅跡と伝えられてる門跡寺院って、随分と立派な建物ですね。
やはりパトロンが居たのでしょうか・・・(笑)
美人の代名詞みたいに言われますが、昔の美人の定義と今ではかなり差がある感じで・・?
でも、美しい女性ってやっぱり憧れますよね。
本当はどんな顔をしたお方だったのでしょうか・・?
「小野小町像画」を見られた感じは如何でしたか^^;

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

 プロフィール 

サリィ

Author:サリィ
サリィのブログにようこそ~!!(^^ゞ
明るく・楽しく・元気よく!!
と、日々の出来事を綴ってみます・・
一緒にお話しませんか??

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 FC2カウンター 

 オンラインカウンター 

現在の閲覧者数:

 フリーエリア 

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR